防犯グッズ――スタンガン

2009年7月18日 13:40 | コメント(0) | トラックバック(0)

フラッシュ・アラート爆音防犯アラーム_

 

防犯グッズの中には、持っているだけで法を犯しそうな危険な物も少なくありません。中でもスタンガンは被害者だけでなく犯罪者の側でも使われることがあります。そもそもこのスタンガンがどういった防犯グッズかというと、強力な電気ショックで相手を殺さず、無力化する事を目的としています。

一般的にはリモコンのような形で先に二つの金属がついており、その間に青白い電気を流すタイプが有名でしょう。その間に対象の相手の身体の一部分を当て、電気ショックを与えるわけです。

他にも直接殴りつける警棒型や、これは日本では存在しませんが、テイザー銃という遠くの相手にも効果のあるタイプも存在します。

そのどれもが殺傷力はありませんが、等しく使った相手に強烈な苦痛を味合わせられます。そのため、それを利用し、防犯グッズどころか、誘拐などの犯罪目的に使うケースが増えています。

しかも、殺傷力がないと書きましたが、体力のない人や乳幼児の場合は心臓麻痺を起こす危険性があります。そのため防犯グッズとして購入した場合でも、犯罪者として疑われる可能性も覚悟した方がいいかもしれません。

もしそれほど強烈な身の危険を感じていないなら、他の、違法の可能性がないグッズを選んだ方がいいでしょう。

 

 バナナケースの使い方  にきび百科事典  いろいろなトレーニング方法
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

防犯グッズの簡単な説明
防犯意識が高まっている昨今、そのためのグッズも巷で溢れています。中にはそれらの商品を既に買っているという人も多いでしょう。
防犯グッズの相場
実際に防犯グッズを買った人も最近では珍しくないかもしれません。ですが、大多数の人は必要とは感じず、だいたいの値段すら知らないでしょう。ここではそんな人達を対象に、そのだいたいの相場を紹介したいと思います。
防犯グッズの危険性
防犯グッズは文字通り、犯罪を防ぐために存在する商品の総称です。ですがこれを逆に犯罪に使うケースもあります。
防犯グッズ以外の防犯用品
防犯グッズはその目的がはっきりしている場合の方が、より効果を発揮します。ただ闇雲に買っても無駄になるかもしれません。逆に防犯グッズに含まれない物も、その役割を果たせば充分防犯グッズと言える場合があります。
防犯グッズ――スタンガン
防犯グッズの中には、持っているだけで法を犯しそうな危険な物も少なくありません。中でもスタンガンは被害者だけでなく犯罪者の側でも使われることがあります。
防犯グッズ――防犯ブザー
防犯グッズは暴漢を撃退することを目的に開発されました。そのため、攻撃的な色合いが強い物もありますが、日本では一般的に対抗するより追い払うことを目的とした物が多いようです。
防犯グッズ――催涙スプレー
防犯グッズといわれ、まず思いつくのは防犯カメラではないでしょうか。その次にスタンガンか催涙スプレーと言ったところでしょうか。ここで最後のスプレーについて紹介したいと思います。
変わった防犯グッズ
防犯グッズは一般的に知られているような有名な物以外にも、随分変わったものも存在します。ここではそれらについて、家庭で使用できる物を限定し簡単に紹介していきたいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mt.dt25.net/mt-tb.cgi/342

コメントする



このサイトを購読する